逆神トレーディング日誌

曲がり屋の日常とスーパー曲がり屋へのリスペクトと

女帝はるなん、突然大豆を売り始める

現在のネット投資界隈で一番の曲がり屋は誰か。

男ならCIS、女ならはるなんでしょう。

そして、その二人どっちが曲がるかと問われたら私ははるなんを取ります。

 

女帝はるなん。

彼女の年末年始のビットコイン売りが現在の異常な仮想通貨バブルを生み出したのは言うまでもありません。

彼女の曲げ力はますます冴えわたり、当ブログは先月はるなんを世界一の曲がり屋投資家と認定したくらいです。

 

survivorbeast.hatenablog.com

 

はるなんの手法、それは「徹底した逆張り」「無尽蔵に湧き出る投資資金」「爆損後の超豪華ディナーorバカンス芸」の三本からなっています。

 

手法というより芸人のパフォーマンスに近いですね。

 

今週のはるなんのパフォーマンスは月曜日から炸裂しました。

 

 

前週、当然のようにダウSを敢行しロスカットの憂き目にあったはるなん。

今回は200、300近い値幅で含み益を出せていたのですが欲張ったのか寝落ちしたのかで利確タイミングを逃し結局損切りしてしまいました。

はるなんの売り玉がなくなった相場は心置きなく下げられるわけでして、見事に暴落が起きたわけでした。

 

上値は重い、そしていい雰囲気になったと思ったら株価下落。

これはもしかして本当に下落トレンドになったのでは。

そう考えたのかはるなんは再び売りで攻めます。買いボタンは壊れているのでしょうか。

しかもこの時ポジったのは株価指数ではなく、なぜか原油でした。

 

 

「暇だから入金してポジりました」というパチンカスのような思考でよりによってボラティリティの大きい原油にチャレンジ。

 

はるなんはお菓子会社の社長令嬢として何不自由ない暮らしをしていたがために、このようなスリルを求める人になってしまったのでしょうか。

 

人を育てるって難しい!!

 

 

もちろんはるなんが無傷で済むわけがありません。 

突然物凄い勢いの暴騰が起こりました。

 

 

ポジったのが21時20分頃。

アラートメールが来たのが22時10分前。

ポジって50分で追証入金かますこのスピードはギネス級でしょう。

しかも人生と自らの相場観を賭ける一世一代の大仕掛けではなく「暇だったから適当にポジった」ポジションでこれはネタ度MAXすぎて顔が引きつってしまいます。

 

 

しかし、原油はこの後一旦落ち着き徐々に値を下げ始めました。

はるなんの世界最速追証が窮地を救ったのです。普通負けフラグなのに。

 

 

これに気を良くしたはるなんは更なる売りの機会を狙います。

いや、買いを狙えよ。

しかし株価指数でやられ続け、原油もあやうく瞬殺されかけた彼女にそれらを売る勇気はありませんでした。

 

悩みぬいた末に彼女が売ったのは大豆でした。えっ!?

 

 

暇を持て余して農作物にまで手を広げるはるなん。

株価指数は上下しても株やってない人にはあんまり関係ありませんが、農作物はポジションによって食糧危機を生み出しかねないマーケットになります。

遊び半分で人類の命運を弄ぼうとするとは魔王の類かなにかでしょうか。

 

 

大豆といいますと今をさかのぼること1年以上前にあの岐阜暴威さんが大豆小麦を主戦場に戦っていた「パン工房岐阜」時代を思い出します。

あの時の岐阜さんも何をトレードしたら勝てるのかわからず手あたり次第商品CFDに手をつけていたのでした。

はるなんはもしかしてその路線に向かう気なのでしょうか。

 

 

無論はるなんが売って大豆が下がるわけがありません

異様な底堅さに嫌な予感を感じたのか彼女らしからぬ逃げ足の早さで大豆からは撤退したのでした。

 

 

このはるなんの大豆事件は国内最強トレーダーとなった岐阜暴威さんの耳にも届きました。

「大豆Sとか頭いかれてるだろ」というありがたい御言葉が岐阜さんから発せられておりました。

 

(44分過ぎからちょこちょこ話題に)

youtu.be

 

はるなんの撤退タイミングは素晴らしく、その後大豆は急上昇しました。

なぜ上がったかと言われたらそれははるなんがSしたからだ、と答える他ありません。

 

当のはるなんは首の皮一枚繋がった喜びを噛みしめているに違いない、と様子を伺っていると衝撃の報告が。

 

 

 

お前原油切らずに大豆も売ってたんかい

 

 

f:id:taimafarmer:20210415004027p:plain

原油2時間足

f:id:taimafarmer:20210415004413p:plain

大豆先物1時間足(13~14日・楽天証券より)