逆神トレーディング日誌

曲がり屋の日常とスーパー曲がり屋へのリスペクトと

岐阜暴威さん、モフモフ山師との最凶対決を制し日経大暴落・・・が

「金融相場が不安定になる」と言われる占星術上の水星逆行期間のあった2月相場。

 

そんなことは屁でもないぜと相場は上がり、日経30500ダウ31500ナスダック14000の大台を記録。

 

結局この異常な株高相場にはさしもの強力アノマリーも効かないんだなあと思いつつ、以前当ブログで紹介した一つの動画が心のどこかで気になっていました、

 

youtu.be

 

「2月13日までは満月期間だからまだ買っていい、14日には新月になるからそこから月末までは買うタイミングではない。」

 

jinfxblog.com

 

そもそも水星逆行は21日で終わりだから月末まで含まなくてもいいじゃねえか、というツッコミはさておき本当に月の最後で大どんでん返しが待っていたのです。

 

 

 

 

 

世紀の一大決戦!岐阜暴威vsモフモフ山師

古来より相場の世界には「仕手戦」と言われる大物相場師同士の対決があります。

「鈴久」と呼ばれた明治末期の大相場師鈴木久五郎は華僑の呉錦堂とカネボウを巡り近代屈指の大仕手戦を繰り広げました。

その鈴久を空売り攻勢で一文無しに追いやった相場師は野村徳七(二代目)、のちの野村證券創業者です。

山種美術館(渋谷区広尾)を設立した山崎種二はサヤ取り戦略による空売りで石井定七、伊東ハンニといった歴史に名を残す相場師を米相場で次々撃破。しかし、株式市場に転向した彼は山一證券5代目社長の大神一に敗れます。

戦後になると「最後の相場師」是川銀蔵住友金属鉱山仕手戦や、5ちゃんねるで悪評しか書かれない糸山英太郎(ザ・イトヤマタワー所有者)が老獪な近藤信男を引退に追い込んだ中山製鋼所仕手戦がマスコミを巻き込んでセンセーションを巻き起こしました。

 

 

時は流れ令和。

 

今やトレードの中心はアルゴリズムになり、人間が資力と度胸でどうこうできる余地は小さくなってしまいました。

 

自称平成最強トレーダーCIS氏も東証の超高速株式売買システム「アローヘッド」の導入以降は勝率が下がり、今や相場の値動きにケチをつけるだけの居酒屋客みたいな立場に成り下がりました(そして日本語が若干怪しい)。

 

しかし、人間は発達したSNSと電脳世界コミュニティを使い自らの相場観とポジションの正当性を証明しようとする新たな形の仕手戦を発明したのです。

 

そしてその仕手戦は一つの重要な局面を迎えました。

 

今日本で最も相場を曲げる男、「岐阜暴威」と「モフモフ山師」の方向性がついに分かれたのです。

 

昨年末からの株価高騰相場、それはこの両人が下目線を崩さなかったのが大きいと私は思っています。

 

岐阜暴威。36歳。岐阜県某所生まれ。実家は地主であるという説が根強い。

高校卒業後2006年より相場デビュー。新興市場で取引を開始した数日後にライブドアマネックス)ショックが起き市場が崩壊したのを皮切りに現在まで数限りない逆神伝説を残す日本一有名な曲がり屋投資家。

ファンの間では常識だが、通関士(3科目受験)持ち。youtubeチャンネル登録者1万人。YEN SPA、ダイヤモンドZAI、プレジデント誌に掲載実績あり。

youtu.be

 

その岐阜さんが巣立っていった5ちゃんねるで奮闘する投資固定モフモフ山師。46歳。

淡路島(兵庫県淡路市)出身。皇學館大学文学部神道学科卒。

実家の神社を長男に継がれ、宮司になる夢が破れる。

そのトラウマのためか「人の感情は信じない」をモットーに世界最高のモフモフ式トレードシステム(通称モフシス)を開発。

取引先に不良品を混入させるなど反社会的な言動からアンチが多かったが、ご自慢のモフシスで日経を23300から売り向かい7000円抜かれを達成したことで大ブレイク。

ちなみに昨年上半期は大勝ちしていたと豪語するが地方税の支払いにビクビクしている素振りをしていたため非常に怪しい(そもそも逆張り基本のモフシスがコロナショックを空売りで押し通せていたのか疑問)。

遅咲きのヒール系曲がり屋。   

 
ポストに税金の通知が来てたので「いよいよ地方税40万くらいか。。」と思ったら自動車税だった。
タスカタ

cgi1.plala.or.jp

 

2月25日。ついにこの二人が「買いサイド」と「売りサイド」に分かれました。

 

岐阜暴威さんは前回の記事でも書いたように250万円の証拠金で820万円を買い建てた捨て身のハイレバ買い戦略。

25日の日経奇跡のリバウンドで含み損が一気に消えた所でした。

 

 

 

 

東証を暴落させる!と言っていたのになぜ全力買いポジを建てているのかについてはツッコんだらいけません。

 

一方のモフモフ山師さんは今まで散々燃やされた売りに再チャレンジします。

しかもヘッジなしの純粋なフルショートポジションです。

 

>>87
全部ショートになった
>>91
TOPIXマザーズはロングを引っ張っていたけどそれがドテンした

 

両者、資力も死力も尽くした一大トレード決戦。

下落すれば岐阜さんが王座死守、上昇すればモフモフ山師さんが新チャンピオンです。

 

しかし勝負はあまりに一方的な結末を迎えてしまいました

 

 

 

kabumatome.doorblog.jp

 

結果は文句のつけようもなく岐阜暴威さんの圧勝。

アメリカ相場の下落の雪崩現象を日本相場でもしっかりとキープ。

日銀の(形ばかりの)買いも一瞬で蒸発させました。

 

 

 

 

おそらく純粋な個人の力でいくとお互い互角だったのかもしれません。

しかし岐阜暴威さんは自ら東証と日銀に出向き、暴落を願う強い呪詛を送っていました。

これにより相場全体の空気が軟調なものに変化しました。

 

 

 

ポケモンでいう「ひでり」や「すなあらし」といったフィールド変化(天候技)を岐阜さんは起こしたのです。

これで岐阜さんがフルレバロングをしたらこうなるのも必然。

これでは流石のモフモフさんも圧倒的不利!

 

youtu.be

 

飛ぶ鳥を落とす勢いで来ていたモフモフ山師さんでしたが、岐阜さんとの直接対決で圧倒的な力の差を見せつけられた様子。

これを糧にしてより精進してほしいですね。

 

ところが・・・・・。

 

youtu.be

 

岐阜さん、引けで今日のポジション公開。

売りを持越し宣言を出しました。

その後始まった配信では今週かなり大きいマイナスを出した銘柄を公開。

その名は識学(7049)。

以前から岐阜さんが空売りを入れていた銘柄です。

そうです空売りです。

なんと岐阜さんが820万円分買い建てたと言っていたポジションは全て空売りだったのです。

我々は岐阜さんに騙されていたのです!

 

 

なぜ嘘をついたのか。

岐阜さんは相場のフィールド効果を「軟調」状態にしたあと、識学の空売りをどんどん入れました。

ところが岐阜さんの目論見通り日経が下げた24日に識学は好IRが出て爆上げ、岐阜さんの口座は壊滅寸前になってしまいました。

そこで岐阜さんはあらん限りの力を込めてナンピンをしまくり、翌25に日経がリバウンドする中、識学は値を下げ岐阜さんの売り損失は縮小していったのです。

 

f:id:taimafarmer:20210226230423p:plain

日経平均株価1時間足

f:id:taimafarmer:20210226230450p:plain

識学(1時間足)


この逆相関関係に加え、株価を狙われたくないと思った岐阜さんがわざと「買いポジ」と発言したことにより我々は「岐阜さん自分で株価下げておいて買いポジで耐えよるwwww」と勘違いしてしまったのです。

 

ちなみに識学ですが、26日の寄り付き時のリバウンドで指値を狩られほぼ同値撤退。

 

そう、岐阜さんが買ってたから下がったのではなく売りポジが切られたから下がったのです。

 

岐阜さんをピエロ扱いしていた我々がいつの間にかピエロになっていた。

岐阜さんはもう我々がおもちゃ扱いしていい次元ではないのかもしれません・・・。

 

なお引けで売りポジを明言した岐阜さん。

現在株価は激しくリバウンドをしています。

 

 

はるなん「岐阜暴威さんと会食した」→呪いの往復ビンタで瀕死

退場女神ことはるなんさんがいつの間にかツイ消ししていつの間にか復帰していました。

いつものメンヘラ芸です。

 

 

 

そして景気づけなのかお礼参りなのか、東京遠征に来ていた岐阜暴威さんと会食をしました。

 

 

直接口説かれたらしいですが、そこは華麗にスルーしたはるなん。

 

流石美人社長令嬢系投資家なだけあります。

 

なお岐阜暴威さんは配信で荒れている時「はるなんは金をゴミのように扱っててマジウゼえ!」とよく言います。

 

岐阜暴威さんにあって吹っ切れたのか、はるなんはいきなりの神トレードを見せます。

 

 

岐阜さんが東証についたからガチに株価が下がるだろうと思ったのでしょう。

その慧眼は流石です。

 

しかしデイトレードでの損切に慣れ切っていたはるなん、久々の爆益に利確タイミングを逃してしまいます。

持ちすぎたため日経の急激なリバウンドにポジションが飲まれます。

 

 

 

CFDということでついでにNYダウもショートポジションで入っていたはるなん。

 

こちらは含み益があったかのどうかさえ怪しいです。

 

それにしても彼女は本当に全力が好きだなあ。

 

 

 

更なる悲劇がはるなんを襲います。

Sポジを切った途端、相場が下落に向かい始めたのです。

 

 

ここではるなんは岐阜さん譲りの悪癖を出してしまいます。

 

 

 

売りでとれずに悔しいからつい買いポジション。THE・岐阜スタイル。

我々が岐阜さんに期待していた「なんで下目線なのにLポジ建ててるんだよw」という役どころは実ははるなんがしっかりと担っていたのです。

 

そしてこの曲がりっぷりはなにもはるなんの力のみによって成し遂げられたものではないでしょう。

 

岐阜さんに会ったことによる代償、それがはるなんを蝕んでいたのです。

 

今回の岐阜旅で岐阜さんに会った方々、是非今後のトレードは細心の注意をもって行ってください。

 

 

梟居堂さん「3月4月に調整の恐れ」→翌日大暴落!

Mr.様子見、様見菩薩と自称するほどのノーポジション投資家梟居堂(フクロウさん)。

「俺は相場予想文学士」といいながら「相場を予想するのはアホだ」「さっきのは俺の感想であって意見ではない」などと最近予想を拒否しはじめ、現在固定人気急落中です。

 

その予想というのも昨年は大外れに次ぐ大外れ。

 

彼自身は隠蔽していますがコロナショックの初動で買い向かい宣言をしていました。

言い逃れはさせません。

 

 

833梟居堂 ◆GZIN7Pl73M 2020/02/24(月) 17:40:06.64id:c96I+l350
>>825
うむ、もしこれほど下げるなら・・・これは買い場だ・・・恐怖に打ち勝ち、拾うべし・・・まだまだ下がってもいいように、買い下がりも視野に入れてな・・・

 

 

ただし彼は駒澤大学在学中、一人で学食に行けなかった繊細な男らしいのでいじりすぎにもご注意ください。基本優しくしてあげましょう。

 

359梟居堂 ◆GZIN7Pl73M 2021/02/24(水) 12:08:50.82id:RQ7PAZnf0
昔なんて、一人で外食とか、手持ち無沙汰で耐えられなかったもんだ・・・特に、学食がな・・・
 
後講釈ならぬアト侯爵なる爵位を自称している富豪貴族(最近の昼飯は吉野家)ですが、株の事となると「アメ株次第だ・・・」「アメ株にどう影響があるか・・・」ととにかくアメリカが気になる様子。
 
もうお前アメ株いじっとけよと言いたいですが、年始からほとんど様子見の割にたまに出す相場観が当たる確変状態に入っていました。
 
しかし悲しいかな、その事に気付いていたのは日頃彼の曲げを指摘してきた私だけという皮肉な展開。
 
当のフクロウさんも「うどんは俺のデマしか書かない」と聞く耳を持たず、彼の快挙はこのまま歴史の闇に埋もれていきそうです。
 
 
そのフクロウさん、月末の不安定な相場に何かを感じ取ったのか、25日に久々にフクロウ・アナライズを開始しました。
 
 
389梟居堂 ◆GZIN7Pl73M 2021/02/25(木) 15:04:37.57id:l9NPpWp00
いやはや、行って来いかよ・・・おまけにザラバで値動きほとんど無し・・・ギャンブルで持ち越ししかないね・・・オレはしないけど・・・
228梟居堂 ◆GZIN7Pl73M 2021/02/25(木) 19:34:52.92id:l9NPpWp00
しかっし、2月は暴落だと言っていた連中は、どうしてるのであろうか・・・月足で2000円オーバーの陽線が出そうだが・・・
これからすると、堅調と予想されていた3月4月に、調整がある恐れあり・・・
 
フクロウさんの予想はずばり、強気で株持越し。
2月内に暴落はないと思うからもう少しガンガン上値を攻めていく流れになるだろうということです。
 
しかし、実際日経はマイナス1200円を記録。
フクロウさんのいう事聞いて株を持ち越したような人がいればもうひとたまりもありません。
 
これに対してフクロウさんは謎の理論で自己弁護をするかと思いきやまさかの超弱気姿勢。
 
 
876梟居堂 ◆GZIN7Pl73M 2021/02/26(金) 11:49:48.96id:WiF4fBCu0
暴落、全戻しからの大暴落・・・これは読めない・・・9時半からの300円戻しに騙されて、微損・・・月曜は強いので、引けで買い持ちする手もあるが・・・
369梟居堂 ◆GZIN7Pl73M 2021/02/26(金) 15:32:54.34id:WiF4fBCu0
>>367
リバ狙いが、ことごとく失敗・・・
 
ぐうの音もでないほどの完敗だったのでしょう。
これだけ弱気な姿勢を見せるフクロウさんは見たことがありません。
 
曲がり屋というのは曲げた後の立ち振る舞いが大切です。
ある者はアカウントを消し(例:岐阜暴威)、ある者は後出しヘッジを報告し(例:株神)、あるものはなかったように振る舞い(例:高橋ダン)、あるものは食事で発散し(例:ふくり)、あるものは寝込み芸をします(例:オレ的JIN)。
 
普通にショック受けてあたふたしてる態度は一番素人くさいです。
 
超理論による自己弁護、それがフクロウさんをより魅力的な曲がり屋固定にしていたのです。
 
それを忘れたフクロウさんは曲がり屋固定を引退し、匿名の名無しに戻るべきです。
どうせ文体ですぐバレますし。
 
フクロウさんは曲がり屋としての本分を思い出し、もう一度キレのあるパフォーマンスで我々を楽しませてほしいものです。